読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪

中崎町

カフェや雑貨店が多いと聞いた中崎町に行ってみました。

味わい深い。

喫茶店『もなか珈琲』にて休憩。コーヒーもカレーも種類があって美味しかった。新しくてきれいなお店ですごく落ち着く。おかげでだいぶ長い時間涼んでしまいました。

その後Cさんと兵庫から来たRさんと、てくてくと中崎町あるき。雑貨屋さんを見つけるたび入る。手芸用品とヴィンテージ雑貨のお店『FUTURA』に入るなり、Rさん(手芸大得意)が真剣にボタンを選びだしたのが羨ましかった。私も可愛いボタン欲しい、けど買っても活かせないもんなー。
他のヴィンテージ雑貨のお店で、私は昔(郵便番号5桁時代)のスヌーピーの暑中見舞いはがきを10枚購入。印刷や色づかい、メッセージに時代を感じて、店頭に出ていた10枚をハート目で買い占めちゃった。これで暑中見舞いを誰かに出したいような、自分で持っていたいような。

空庭

炎天下を歩き回り、どこかで水分糖分補給を……ということでRさんの紹介により阪急32番街 空庭Diningにあるアジアンカフェに。7月12日にオープンしたばっかりだって、ヤッタネ!(新しいもの好き)

赤い観覧車を見下ろしながら、甘いもの。

話が面白い人とのおしゃべりは尽きることなくて楽しい。

クイズ・旅先で動かぬポメラ

そんなこんなで時間が来て、551蓬莱の豚まんを買うなどして新幹線に乗り込み帰路。
いくら元気で明るくて気遣い細やかなCさんでも、さすがに帰りは疲れて眠るかな、と思ってたらCさん、新幹線に乗るなり仕事を始めたので恐れ入った。今回の旅の、新幹線と宿の手配や友だちへの声かけまで全部やってくれたCさん、仕事忙しいのに本当にありがたい。年下のCさんに憧れのまなざしを向ける私。
しかし彼女が仕事のために持って来たポメラが、電源ボタンを押しても起動しない。どうやらこの旅行では、帰りの新幹線で初めて起動しようとしたらしい。電池を出したり入れたりリセットボタンを押したりとCさんもがんばったが、ウンともスンとも言わないポメラ。頑ななポメラをそっと閉じ、「こういうの、四字熟語でなんて言います?」とCさんは急にクイズを出題してきた。私が「……徒労……?」と答えるとCさんは「二文字か……」と遠い目。四字熟語で答えられなかったことに関しては完全に私が悪い。あのときなんて言えばCさんを元気づけられただろうか。