”気圧のせい”にはとても助けられている

 土曜日。夫が朝食に昆布バターポトフをつくってくれた。料理家の長谷川あかりさんがTwitterで紹介していたレシピだ。
 長谷川さんはいつもシンプルな材料・少ない手数・やさしい味でしっかり野菜が食べられるレシピを提案しているのでつい真似したくなる。今回のポトフもおいしく、1度の朝食で1/4カットの白菜を2人でぺろりと食べきった。
 白菜はいま非常に安い。駅前のスーパーでは1/4カットも1/2カットも同じ99円で売られていたほどだ。白菜が安いうちはなるべく買って、この昆布パターポトフも頻繁につくろうと夫に言う。

 友人Sがわたしの住んでる駅に別の用があって来ているというので昼に会った。彼女は最近、漫画『美味しんぼ』を語る同人誌を出しており、それをわたしは先日の文学フリマ東京で1冊買った。わたし自身は『美味しんぼ』をよく知らないのだが、文フリ帰りに会う予定の友人Nさんが美味しんぼ好きであるため、Nさんへのおみやげとして買ったのだ。そしたら同行していた夫がその『美味しんぼ』語り本に興味を持ち、Nさんに会うまでの道中で熱心に読んでいた。夫も『美味しんぼ』が特に好きというわけでもないのに。そして『美味しんぼ』本をNさんに渡したあとの帰り道に夫が「あの『美味しんぼ』本はかなり良い」と絶賛しだしたので、Sに「夫がとても気に入っていたので、また機会があればもう1冊買わせてほしい」と連絡したところ、Sがその機会をすぐにつくってくれたのだった。Sと少しお茶をして、彼女が同人誌を作りつづける理由などを興味深く聞く。

友人の話を聞きながら食べたりんごパフェ

 Sと別れて帰宅すると、異様な眠気に襲われた。気圧によるものかもしれないと早々に結論づけて、それならば無理して起きていても仕方がない、2時間後には習いごとのためにまた家を出ないといけないが、布団に入ってきちんと寝ることにした。年をとるほどに”気圧のせい”という考え方にはとても助けられている。
 眠りの導入時の記憶がなく、次に目を開けるともう出る時間。べそをかきながら出かけるしたくをする。夫が「落ちついて行きなよ」と言っている。自転車で向かうので、あわてて事故を起こさないようにという意味だろう。気を引き締め、言われたとおりスピードを出さずいつも以上に念入りに確認しながら自転車をこいでいたら、信号運もよく、見積もっていたよりも早く着いた。
 習いごとのフラワーレッスンでは、ちょっと前衛的な枝ものづかいを先生に提案され、それを試してみる。持て余した花材を最後テキトーに挿したところを先生に「これはどういう意図で?」と指摘されたので、持て余したので無計画に挿しましたと正直に言い、先生にアイデアをもらった。言われたとおりにやってみるとたしかに良くなったので先生もうれしそうだった。
 フラワースクールの近くにある気に入りのコーヒー店でコーヒー豆を1kg買い、パン屋で今夜と明日のぶんも見こんでパンやサンドイッチをどさどさ買って帰路。夫に、家にあるものでスープをつくって買ってきたパンとで夕飯にしようと提案する。夫は昆布バターポトフをつくってくれた。

* * *
▼友人Sの『美味しんぼ』語り本は文フリを終えて通販も開始したとのこと。
squashpyonpyon.booth.pm

総括などはせず

 在宅勤務。18時で切り上げる。2週間ぐずぐずしていた案件をやっと完了させたので少しだけ気持ちが軽い。

 鶯谷の食堂おぼろへ。前の勤め先で知り合った友人2人と”忘年会”。彼女たちと私の3人はどういうわけか「11月に忘年会をやる」ということにオモシロを感じており、今年も11月になると「忘年会の季節ですね(うくく)」となって、集まった。忘年会といえどもべつに1年の総括などはせず、店の料理を味わい、わたしは最近さくらももこ展に行ったことを、TさんとKさんは冨樫義博展に行ったことを報告しあった。
 TさんとKさんは今も同じ会社に勤めていて、今その会社はなんと全社的に出社することになってるのらしい。その会社はコロナ禍前からリモートワーク推奨していたうえにコロナ禍でそれが徹底されオフィスをかなり縮小していたのだが、そこにきて全社的な出社令。出社したところで執務スペースに座る場所がなく、あぶれた人たちは食堂で仕事しているそうだ。会議室も奪い合いで、結局みんな自席から(食堂から)Web会議に参加しているという。そんなギャグみたいなこと、あんなにスマートだった会社が?と信じられなかった。Twitterを買収したイーロン・マスクTwitterの社員に週40時間以上の出社を命じたニュースを少し前に聞いて(彼の他の施策とあわせて)理不尽に思っていたが、経営者としてはやっぱりひとところに集まって仕事してもらいたいものなのだろうか。

 自家製ハックルベリーシロップのソーダ割、前菜四品盛り合わせ(白滝のたらこ和え、ヤーコンぽん酢、かぼちゃ煮、万願寺じゃこ、ローストポーク。「四品」の名で五品)、赤ワイン、洋梨ベーコン、ピーマン春巻、コロッケ、ジャグリーギネスクリームソーダ干し柿とカマンベール、唐揚げをいただく。食堂おぼろのコロッケは色っぽい。

食堂おぼろのコロッケ
食堂おぼろのコロッケ

 “忘年会”なのに、別れるときも誰も「よいお年を」とは言わなかった。Tさんは「まもなく実家から柚子が大量に送られてくるから、届いたらおすそわけさせてくれ」と言っていたのでたぶん年内にまた会うのだろう。

「日記 習慣」という不毛な検索

 祝日。雨で朝が暗く、寒い。
 ひさしぶりに『ラヴィット!』をリアルタイムに、Twitter実況しながら見た。1時間55分の生放送を最初から最後まで見届けて、祝日の朝を味わう。
 ゆうべの味噌汁の鍋に残りごはんをいれ卵を落としたおじやを朝食とする。キムチと納豆ものっけた。

 前日までのまだ見てない『ラヴィット!』録画も手当たりしだいに見ていく。最近は仕事であまりリアルタイムに見られず、夜に見るのでも家事をしながら背中で流したりしていたので、見た気がするのと見てない気がするのがごちゃまぜになっていた。毎日1時間55分やってる番組を追おうとすることの無謀さよ。なんだかいつもゲストにインディアンスが出ている気がする。
 数日分を見たところで時計をみるともう15時近くでぎょっとした。朝の番組を見ている限り、ずっと午前中の気持ちでいてしまう。罠だ。

 北尾修一『いつもよりも具体的な本づくりの話を。』を読み進める。出版社をやったり編集者になったりする予定はないが、おもしろく読み良くて遅読のじぶんでも今のところスイスイ読める。文体や文字組みや本の大きさのおかげで読みやすいんだろうな、と内容だけでない工夫を思う。
いつもよりも具体的な本づくりの話を。

 ラジオを聴きながら家事。雨は依然として強く、もう今日は買い物に出ずに夕飯は家にあるものですませようと食材を探した。気に入っているリゾットレシピ本をめくり、今ある食材なら長ねぎのゴルゴンゾーラリゾットがつくれそうだと決める。鶏もも肉も入れてしまおう。
はじめてでもおいしく作れる リゾット・ピラフ・パエリア
 このレシピ本によるとリゾットは生米から具材と一緒に炒め煮てつくるので、フライパンひとつで20分程度でできあがる。米を炊くより早い。
 リゾットはおいしくできた。赤ワインが合う。

 きのう「リハビリのために日記をつけよう」と決意してからまだ日記を書いていない。書いてもまた書き終わらないのではないか。つづかないのではないだろうか。と、「日記 習慣」という不毛な検索をしたりした。そんなことしてるあいだにさっさと書いたらいいのだが、そういえばと思って探したら、好きな日記書きの人である古賀及子さんの日記インタビュー記事を見つけた。ふむふむと読む。
DPZ編集部の古賀及子さんインタビュー 毎日日記を書く原動力は「ひとつもわからないけど、なんだか書けちゃって」 - 週刊はてなブログ

 寝室で日記を書いている横に夫が来て、テレビをつけた。サッカーワールドカップだ。日本vsドイツ戦である。わたしはテレビ画面は見ていなかったが夫の一喜一憂で状況を把握した。日付が変わるころに夫は「やったー」と万歳していた。