読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稗田阿礼

あまちゃん』。水口の新境地。「おいらイパーンダーンセーイ」って言ったよ松田龍平が朝ドラで。そのシーン見たさに放送後即2回見返した。本家でこれやられちゃったら夜のウッチャンのコント番組『LIFE!』のあまちゃんパロディ、立場ないよなーとニヤニヤ心配しながら仕事に。
で、『LIFE!』も良かった。あまちゃんパロディも、ウッチャンが能年ちゃん役をやらないところが良心でありコント甲斐であり。塚地さんのユイちゃんも最高だった。「宇宙人総理」ってコントが好きだな。セットがいちいち立派でそれだけで幸せな気持ちになってしまう。
* * *
TLでちらほらとテレビやラジオの書き起しについて反省するようなツイートが散見されて、何かあったのかとお友だちに訊いたら、深夜ラジオ好きのあいだでは悪い意味で有名なラジオ書き起しブログが、昨夜の伊集院さんの放送を書き起して話題になっているようだった。やられた。自分が愛聴してる番組がやられると本当につらい。悔しくて涙が出た。
そのブログ記事を読んでみると、記事タイトルが「伊集院光、ラジオ書き起しサイトについて語る」となっていた。嘘だ。伊集院さんは「ラジオ書き起しサイトについて」なんて語ってない。伊集院さんは、言葉で語り伝える例として「ラジオの書き起し」を出したけれどその是否に論点がいかないように言葉も慎重に選んでいたしギャグも入れていた。
書き起し自体には嘘はないみたいだが、伊集院さんが軽くしたニュアンスをとっぱらって書いている(ように見える)。結果として伊集院さんがラジオで話した「言葉を使って伝えようとすると、それが善意であれ悪意であれ正しく伝わらない」の見事な例となってしまっている。
昨夜の伊集院さんのトークは、テレビの仕事で『古事記』について学んで、語り部という職業が面白いと思ったってことが本題なのと、稗田阿礼のモノマネがハイライトだった。
あのブログを気持ち悪がって信用しない人は多いが、今回の記事をきっかけに「あの伊集院さんが言うなら」と日頃の実況や書き起しを反省してしまう人が続出していて、その現象がフィクションのようで怖かった。

つくった料理

  • 豚とアボカドの甘辛いため

豚ロース、アボカド、エリンギ、トマトを炒めて味噌砂糖豆板醤ニンニクをからめる。これもご飯止まらぬ系。アボカドのカロリー高そうな味に反して爽やかな黄緑色がありがたい。