読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケータイメールに字数カウント機能を

いつからかケータイメールに字数制限がなくなったので、メール本文入力画面に字数カウント機能がなくなってしまったようだが、ブログやツイッターだけでなく、原稿めいたものもケータイメールで書きたい私のために、また字数カウント機能を復活させてほしい。
なぜケータイメールで書きたいのか?
パソコンだとついついネットに夢中になってしまってなかなか書き進まない。と思ってポメラを買ったが、どうやら「書くことしかできない」ポメラに構えてしまって、まず、書き出せない。
ケータイだと何かのついでに思い立ったときに誰かに話すのと同じ調子でダラダラと、とりあえずはこうして書き進むことができる。
おふとんの中でも、持ち込もうと思えばおふろの中でも書ける。また布団や風呂ってのが*1何かをじっと考えるのにちょうどいい。
…と書いててふと思ったのだが、もしかすると私はキーボードに緊張するのかもしれない。「これだけ打ちやすいのにこんな文章しか書けないなんて」と思ってるのかもしれない。視界の狭さ、たくさん押さなければいけないキー(「お」段は5回も)、書きながら即座に調べ物ができない…などの面倒さを背負うことで、文の下手さやくだらなさを「だってケータイメールだし」と相殺できているような気になっているのだろう。実際はそのような相殺関係などまったくないのだが、ケータイメールで書いたほうが手を放れるときにさほど未練がない。
わー、「パソコンよりケータイのほうが書ける」とかいって!現代っ子みたい!でもPHSだけど!
というわけでケータイ端末、もといウィルコムケータイ端末を作っている各社様(できれば京セラさん)は今年の秋までにケータイメールへ字数カウント機能を搭載してくださるととても嬉しいです。私がいま使ってるBAUMが今年の11月で24ヶ月割賦を終えるので。
以上、ケータイメールより更新。

*1:なんで1度「おふとん」「おふろ」って書いたのに漢字でぶっきらぼうに書き直したの(かわいこぶりたかったからさ。でも無理だとわかったのさ)