良いと思う気持ちに寄り添ってくれる

 あらゆる戦争に反対します。

* * *

 2月24日(木)の『ラヴィット!』では、ニューヨークの屋敷さんがかねてから憧れていた345万円の腕時計を購入する模様が流れた。
 自分は、誰かが刹那的に大金を使ってみせる企画が好きでない。だが、屋敷さんのこの時計購入にいたるまでのドキュメントは妙に心を動かされた。
 番組上で彼のその時計への憧れをしっかりと見せられたというのもあるが、ニューヨークの買い物ロケにいつもつきそう中村仁美さんの役割も大きかった。ロケの途中で彼女自身も、とある時計に一目惚れして買うかどうか迷うというくだりがあり、これが屋敷さんの買い物にさらに説得力を持たせたと思う。けっきょく彼女は「子どもが3人いるから」とその時計を買わない選択をした(それもよかった)が、彼女が時計を試着し、目を潤ませたことで、このロケの主人公の屋敷さんが独りじゃなくなったのだ。高い買い物をする時、それを良いと思う気持ちに寄り添ってくれる存在は重要である。
 雑誌『クイックジャパン』vol.158の『ラヴィット!』特集にはニューヨークのインタビューもある。そこで屋敷さんは「一緒にロケをしている中村仁美さんが、カメラの回っていないところで嶋佐のメンタルケアをしてくれている」と語っていた。買い物の判断力がなくなっている嶋佐さんをなだめたり、高額買い物をして落ち込んでる嶋佐さんにあれは良い買い物だったと激励したりしているのらしい。「中村さんがいなかったら、嶋佐は『ラヴィット!』廃人になっていたでしょうね」(屋敷)と。
 今回の屋敷さんの時計購入も、そう。相方の嶋佐さんは素直に高級時計の金額に引いていた(もちろんこの目線も必要だ)が、いいものも知っているし現実的でもある中村さんが、屋敷さんと一緒に時計への憧れを見せたことは、屋敷さんだけでなくテレビで見ている自分にとっても非常に心強かった。

『ラヴィット!』同人誌をつくりませんか

2022/4/1 現在、TwitterのDM設定を戻しました(私がフォローしている方のみからDMを受け取れる状態です)。
この件にご連絡くださる場合は、下記のツイートへリプライでご連絡ください。

 TBSのモーニング・バラエティ『ラヴィット!』を毎朝楽しんでいます。最近では代打ゲストや代打MC週も刺激的で話題になりましたが、本来のメンバーが休んでいる放送を見て、自分がこの番組の、誰のどんなところを親しみ、信頼していたのかを考えるようになりました。この先も何があるかはわかりませんが、ひとまずはMCふたりが戻り、いつものメンバーが揃った今の『ラヴィット!』がいっそう嬉しく いとおしいです。
 この番組の良さを細かいところまで同志と語りあい、あわよくば残したいと思うようになりました。『ラヴィット!』を楽しむわたしたちの記録を同人誌にしませんか。

『ラヴィット!』同人誌(案)

  • 『ラヴィット!』ファミリー名鑑(解説、五角形、必殺技、印象的な名場面):おなじみゲストも
  • 曜日別の見どころ:布陣、お決まりのやりとりなど
  • 川島さん、ここまで拾うの!? 珍プレー好プレー
  • 川島先生不在+帰還後初週の学級日誌
  • 大喜利回答で浮き上がるレギュラー陣のボケの傾向
  • ランキング予想 ボケ集:ミキ、ホテイソン、EXIT、くっきーのボケが恒例?
  • 苦労がにじむ!オープニングトークテーマ集
  • BGMダジャレ答えあわせ
  • 真子とくっきー! 愛の軌跡
  • ラッピーの無茶ブリ、スタジオの健闘
  • 番組ファンが選ぶ!ラッピーランキング
  • 地図で見る1日がかりのロケ:ぼる塾やニューヨークのロケでは何箇所もまわって最後は夜になっていることがよくある。その日に紹介した店や物件を地図上で追うと、ロケ隊の移動量がわかるのでは?
  • そのほか珍プレー好プレー:←川島さんが好きな「珍プレー好プレー」という語をどこかで使いたい
  • 【番外編】木南晴夏チャンカワイのロケのすごさ:ふたりの才能の掛け算がすごかった。ラヴィットが育てた才能ではないが、ラヴィットでなければなかった組み合わせ

 上の「同人誌(案)」は、今のわたしが「こんな観点のものが読みたい、誰かと語りたい」と思ったものを書き出しました。一番下の【番外編】は(『ラヴィット!』はたまに見ているていどの)友人があのロケについて大絶賛するので、友人に何か書いてもらうか話を聞いて文章にまとめてみようと思っています。

 わたし自身は主体的な同人誌制作の経験がありません。制作経験のある友人たちに指南を受けつつ、実際にあつまった方々と相談しながら進めたいと考えています。

 しばらくTwitterhttps://twitter.com/hilocoffee)のDMを開放しますので、この同人誌に興味ある方は「ラヴィット同人誌の件」などとメッセージ先頭に書いてご連絡ください。同人誌でやってみたい企画、特に注目しているメンバーや曜日などがありましたらそれについても教えていただけると嬉しいです。(はじめてやりとりする方からの当件以外のDMには反応しない可能性があります。ご了承ください)

 以下ご参考までに(参考になるのかわかりませんが)、わたしの『ラヴィット!』視聴スタイルです。

  • OPトークまでをリアルタイムでTwitter実況しながら見て8:30までに離脱。つづきは夜にTVerで家事をしながら見る(録画もしてあるけどTVer再生回数を上げるため)。2022年1月までは、TVerでその日の全編を見終えたらハードディスクの録画も消していました。2月からはすべて録画を残しています。
  • 番組開始から録画してざっとは見ていましたが、自分が「お笑いの比重が高くなってる、これは毎日見逃せない」と思うようになったのは2021年5月17日週の千鳥やマヂカルラブリーがスタジオゲストに来た週です。
  • 特に推しているメンバーや曜日はありません。今はラヴィット!ファミリー、全曜日が大好きです。

動く大谷をたくさん見たいなら

 鼻よりも先に目で気づくのは、ひょっとすると39年生きてきて初めてのことかもしれない。近づいていき立ち止まって、周りを見まわし人がいないのを確認してマスクをずらし、金木犀の香りを吸いこむ。

 77歳の母が初めてスマートフォンを持つことになった。その契約につきそう。携帯電話ショップで我々が通された席の隣には、アクリル板をはさんで高年女性と中年女性の組み合わせが座っていた。ウチと同じだ。
 若い男性の店員さんが母に、プラン選びのために、たとえばどんな用途でインターネットを使いますかと訊く。母は「わたしは大谷選手が大好きなので、大谷のことを調べようと思います」と答えていた。そこから、プランごとの容量制限の話になり、店員さんがギガバイトがギガバイトでと説明するも母はうなずきもせずじっと聞いている。わたしは、大谷に関する記事を読むだけなら一番低いギガバイトでも充分だけど、動く大谷をたくさん見たいなら余裕のあるギガバイトのほうが安心だと説明した。
 母は「大谷以外にも、テレビで話題の人のことも調べると思う」と用心するようにつけくわえる。今年の5月下旬に実家に行った際、その数年前まではたまに娘が名前を出してもまるで気に留めなかった星野源について、代表作やバンドを組んでいたことだけでなく出身校や彼の親がジャズ喫茶を営んでいたことまで母がスラスラと暗唱していたのをわたしは思い返した。なんだか心配だ。

 母が説明されることのなにもかもについて一度ではわからなかったり、店員さんがちょっとお節介なぐらいいろんな提案をしてくれたり(そこのショップの会社と全然関係ないし、店員さん自身が詳しいわけでもないのになぜか「お得と聞きます」とJ:COM加入を提案されたりもした)、勧められる高めの機種や使わないオプションをわたしが根気よく断り倒していたりして、入店から契約完了までじつに3時間かかった。
 ショップを出てからの記憶がほとんどない。母の代わりに判断せねばと神経を使っていたのもあるが、初対面の人と長く話すという行為があまりにも久しぶりで、自分がすっかり灰になっているのがわかる。1年半以上の家ごもりの日々で最小化していたコミュニケーション容量をこの3時間が一気に超え、記憶処理が低速になってしまった。気づくと自宅に帰っていた。シャワーを浴びて布団に倒れこむ。10時間眠った。