読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青山通り樹海

仕事帰り、赤坂見附駅にいた。
渋谷に寄って買いたいものがあった。赤坂見附から銀座線で渋谷にむかおうと路線図を見ると、赤坂見附→青山一丁目→外苑前→表参道→渋谷、と4駅先だった。なんとなく、赤坂見附駅と渋谷駅が、青山通りという1本の道でまっすぐに結ばれていることを示すGoogle Mapが頭の中に描かれた。「歩ける」と思う。
歩き出した。
赤坂見附→青山一丁目。車道の左側の歩道を行く。てくてく。赤坂警察署だ。ああ、東北新社ってここにあるんだ。てくてく。なじみのある草月会館の前を通る。なぜだか照れくさい。てくてく。
青山一丁目→外苑前。ズンズン。順調に駅看板を過ぎる。東京メトロの駅間は狭い。すなわち東京は狭い。イッツァスモールワールド。ズンズン。
ふと、渋谷を目指して歩く自分の、右手にある車道のむこう側に、青山ベルコモンズを見つける。ベルコモンズ。おしゃれな青山のおしゃれなアレコレを取り揃えたおしゃれな青山ベルコモンズベルコモンズに寄りたい。車道を渡る。ベルコモンズに入る。おしゃれな雑貨を愛でる。うっとり。探していたコーヒーを買った。ホクホク。満足してベルコモンズを出る。
さあ、もう数分歩けば表参道、そして目的地の渋谷だ。ここまでも、この先も、1度も曲がることがない。青山通り?目をつむってでも歩けちゃうわ。アイアムトーキョーガール。道のりの中腹ですでに達成感を覚えつつ、ここまで歩いてきたとおり、車道を右手にして歩いていく。
ズンズン。
ズンズン。
ズンズン。
……「青山一丁目」の駅看板が見えてきた。
嘘だろ。
あまりのショックで歩みが止まらない。ズンズン。
たしか、右手にある車道、を渡って入ったベルコモンズ、を出て、車道が、右手になるように歩いた。ズンズン。それはつまり、ズンズン、進行方向右手の建物に入って出て左にむかって歩いた。それはつまり。ズンズン。
なじみのある草月会館の前を通る。なぜだか情けない。ズンズン。東北新社赤坂警察署も見やる余裕がなかった。ズンズン。
赤坂見附駅を出て1時間半後、赤坂見附駅についた。
なにごともなかったようにホームに降りると、渋谷行きの銀座線と荻窪行きの丸ノ内線が同時に入ってきた。丸ノ内線に乗って帰ってきた。