意外にも再現性が高かった

 20時退勤。あつかう製品市場にいろいろあって臨時業務が多く、予定作業にとりかかれるのが夕方から、みたいな毎日だ。でもきのう午後半休をとっていたおかげできょうは定時を過ぎて仕事にキリがついてなくても腐る気持ちはなかった。まあ残業と引き替えの休暇にしてはいけないのでその前向きさはまずいのだけど。
 まだ退勤連絡をしてきてない夫へ「た、た、た、退勤だ~~~!」と、「大変だ~~~!」みたいな感じでこちらの退勤連絡を送ると、5分後にむこうからも"退勤"の2文字が送られてきた。ふたりともそれぞれ帰りの電車に乗れたことを報告しあう。同じ路線で乗車駅がちがう。
 18時ごろに発生した人身事故とやらで大幅な遅延が発生しているようで、20時をすぎてもダイヤに乱れがあるとのことだった。"人身事故"は乗客同士のトラブルを指す、みたいなことをいつか職場の雑談で聞いたことがある。本当かどうかはわからないが、"人身事故で遅れが"と案内されるたびに、トラブルのあった車両に乗り合わせた乗客、遅延に巻き込まれた人々、鉄道会社の人々のイライラを一挙に受けとったような気になって「お疲れさまです……」とあてのないいたわりが浮かぶのだった。停車駅ごとで様子を見るようにしばらく止まる電車の中で、別の電車に乗る夫とお互いに進んだ駅を連絡しあう。
 わたしが先に地元駅につき、スーパーでうどん玉などを買っているとほどなくして夫もあらわれ、会計をすませて一緒に出る。ローソンに寄り、夫はアイスを3個買い、わたしはポテトチップスを2袋買った。道を歩きながら夫がわたしに"ワッセ、ワッセ、ワッセ、ワッセ"と一定のリズムで言いつづけてくれと指示してくる。どういうことなのかわからないが素直にワッセ、ワッセ、ワッセ、ワッセと言いつづけてみると夫は、ドゥン、ドゥン、ドゥン、ドゥクドゥンドゥンドゥンドゥン、とベース音のようなものを口で刻みはじめた。予期せぬセッションのはじまりに驚きながらなおもワッセ、ワッセと言いつづけていると夫のベース音に展開のようなものは多少はあったがメロディと思えるものがいつまでも登場せず、1分ほどそうしてワッセとベース音をつづけたところで前方から人が歩いてくるのが見えたのでしだいにふたりの口演奏は消えた。今のはなんだったのかと訊くと、ドイツのバンドにそういう曲があるのだと夫は答えた。もう1人必要だったな、と夫はつけくわえる。
 帰宅し、靴を脱ぎバッグを置く勢いで服も脱ぎシャワーを浴びた。5月半ばでもう夏の定番コースを実行している。わたしが出ると交代で夫も浴室に飛びこみシャワー。今年初のバブシャワースーパーエクストラクールを使った、寒い寒いとうれしそうに出てきた。夕飯はカレーうどん。きのうカレーを作っており、鍋を洗いやすくするためにも作った翌日はカレーうどんと決めている。カレー鍋へ茹でたうどんとお揚げ、だしつゆなどを注いで温めるだけなので簡単。いまシャワーを浴びたばかりのふたりで汗だくになって食べた。窓からの夜風が気持ちよい。

 食後、夫にさっきのドイツバンドの曲は本当はどんなものだったのかと正解をたずねると、CANというバンドの『SACRILEGE』というアルバムから「……"AND MORE"」という曲を聞かせてくれた。
www.youtube.com
 さっき言われるがままにおこなった我々の口演奏は意外にも再現性が高かったことを知る。もう1人いたらどの音を任されていたのだろう。

鍋もカレーも寛容だ

 湯がいたうどんをゆうべの鍋に投入して朝ごはんとし、出勤。

 4月以降に自分が参加すべき会議の概要と増える業務についてのメールが上司から届いていた。4月から立場が少し変わるのでその案内だ。お給金が少しだけ上がるぜ、と思って臨んだ新設の役職で、当然だがお給金とともに責任も増える。これだけ休めたのも今年度までか……と一瞬あきらめつつ、いいや、それでも俺は休んでみせるぜ、と姿勢をただす。
 年度替わりに向けてどっちゃりと仕事がある。きのう休んだし残業も辞さない覚悟だったが、ルーチンでやるものでなく1つ1つ初めて考える工程が多くてチョコレートをかじりながらうんうんやって、定時には頭から煙があがっていた。今ここでさらに新たに何かに手をつければなんらかのミスをするだろう、と脳内の予言者がのたまうのできっぱりと退勤する。

 職場から新宿までの3駅4kmを寒くなる前ぶりに歩いた。ポケモンの誕生日なんだそうで、ポケモンGOには浮かれた帽子のピカチュウばかりが出てくる。
 新宿のルミネエスト6FにあるHMV(すごくせまい)にむかい、星野源の新譜と特典のクリアファイルを受けとる。HMVからエスカレーターまでの道のり、そして下りていくエスカレーターから見える各フロアに春の物があふれていて物欲が刺激され、桜の花びらを模したマスキングテープや服屋にならぶ銀色のローファーなどを手にとってホワワ……となるが、それぞれ「使える期間が短いよ?」「服屋で売ってる靴は苦労するわよ?」とマインドBが説得してきて、はーいと素直に買わずにルミネエストを出た。

 地元駅に着き、これからスーパーにむかう旨のメッセージを夫に送ると、むかう、と返ってきた。どうやら少し前に地元駅について本屋にいたらしい。スーパーで待ち合わせ、サラダの材料のみを買う。帰宅し米を研ぎ、まだ残っているゆうべの鍋にカレールーを投入し、炊飯器の「急速炊飯」を押し、わたしが洗濯物をたたむあいだに夫はサラダを作っていた。炊飯器が炊きあがりを歌い、鍋残りカレーとサラダ(春菊、セロリ、焼いたクルミに醤油みりん酢オリーブオイル胡椒をあえる)をいただく。夫はヱビスビール、わたしは白ワイン。きのう、あわてて鍋の材料を買ったら、高級食材があるわけでもないのに種類と量によりそれなりの値段になり、ああやっぱり鍋って贅沢品だなあとレジで気合いを入れ直していたのだが、こうして鍋→うどん→カレー、と大人ふたりが3食も楽しめたので結果そんなに高くなかったと満足しながら味わう。カレーにひたった厚揚げがうまい。来る物を拒まず、行く末を問わず、鍋もカレーも寛容だ。

 食後しばらくは機嫌よくロンリーチャップリンのハモりの練習などをしていたのだが、星野源の新譜とそのプロモーションについて少しこぼした流れで、やめときゃいいのに夫に爆笑問題の太田さんと水道橋博士のいさかいの経緯を説明しはじめてしまった(先週末も話したからこれで2度めだ。夫は件のラジオも聴いてないしTwitterも見てない)。あまりのくだらなさに夫は話を終わらそうと極端な解釈を言ってくる。自分もくだらないことは重々承知しながら、ちがう、そうじゃない、となぜか食いさがった。「博士を悪く言いたいわけじゃなくて……博士が何を目的としていたのかわからなくてこわいんだ……」と自分でも話しはじめたときには思ってもいなかったことを言うと、夫は立ちあがって台所へ行ってしまった。こんな夜にしたくなかったのにと悲しくなってきて寝る。

子どもはボタンを押したがる

 休暇だった。有給休暇でなく、日程を選べる社休みたいなやつで、それの最後の1日を消化した。この社休は取得しないと人事からしつこく取得を促される。それでも消化しきらないと年度末のもっとも忙しい時期に強制的に休まされるのだそうだ。
 今年度もよく休んだ。昨年のこの時期に「今年度は社会人になってもっとも休暇をとった1年ではないか」と思っていたが、今年度はさらにそれをうわまっている。有休と社休、それに人間ドック休や結婚休をあわせて年度のはじめには自由選択の休暇権利が31日あったのが、今は残り4日だ。自分はこれといって得意なことが何もないと思ってきたが、休むことに関してならなかなか積極的にふるまえるらしい。コツは、予定がなくともマイルールに則って休みを決めてしまうことと、「週に5日間も働くのはムリ」と自分に言い聞かせておくことだ。うっかり週に5日も働いてしまった金曜の夜は、めちゃめちゃえらい、なかなかできることじゃない、と己を激励する。
 などと言ってられる職場環境になって本当にありがたい。今の職場に4年いるが、2年めまでは1度も1日休をとれなかったし(半休を年に1度とったぐらいか)、残業の日々だった。世間でいろいろがあったからか、会社も社員も変わろうとして変わっている感触がある。

 8時にゴミ出し、録画消化を少しして9時に夫と朝食(パンと夫製ツナ葱オムレツ、クリームシチュー)、夫を送りだして布団に再度もぐって12時まで寝る。夢に母親がでてきて目が覚める。朝は曇っていたが日が出てきたようなので洗濯機をまわして布団にもぐって漫画を読む。洗濯物を干して布団にもぐって漫画を読む。岡田あ〜みん『ルナティック雑技団』の再読(フィギュアスケートのザギトワという選手がエキシビションでトラ柄全身タイツを着ていたのを見て愛咲ルイが恋しくなった)と、岡崎京子『カトゥーンズ』をKindleで(岡崎京子を初めて読む男性が「面白い」とツイートしてるのを見かけて)。『カトゥーンズ』は自分が小学生の頃、姉の部屋でぬすみ読んだ月刊カドカワに連載されていた漫画だ。ほとんどの章を当時に読んでいたもよう。連載当時でも「エッチな描写がある」ぐらいには把握していたが、36歳のいま読んでみて、これもこれもわかってなかったなと懐かしい気持ちになった。エッチな絵よりも、会話やストーリーが踏み込んでるんだな。
 呼び鈴が鳴ったので玄関のドアを開けると誰もいない、と思ったらお隣さんがそちらの部屋のドアの前で「あっ、子どもが押しました! すみません!」と謝ってきた。どうやら4歳の子が呼び鈴を押したようで、平日の16時すぎだから我が家に誰もいないだろうとお隣さんも思っていたらしい。それはそうだから全然いい。お隣のお子さんは機嫌よさそうでかわいかった。子どもはボタンを押したがる。以前、藤子・F・不二雄ミュージアムに行ったとき、ミュージアムに向かう専用バスの降りますボタンを子どもたちが押しまくっていたのを思いだす。通常の路線バスとちがって、ボタンを押すたびに音が鳴る。駅からミュージアムまで直行だから「降ります」も何もない。ただ押されるためだけにある、純粋ボタン。
 昼食をとりそびれたなと思いながらスナック菓子を食べ、ラジオの録りためを聞きながら台所掃除。18時すぎに夫が帰ってきた(「帰るよ」メッセージに気づかなかった)のであわてて食材を買いに出る。献立を何も考えていなかったし昼のかわりにスナック菓子を食べていたので野菜が食べたいと思う。鍋にする。豚バラ、長葱、白菜、厚揚げ、しめじ、えのき、豆もやしを合わせだしで炊いてポン酢で。夫はヱビスビール、自分は"東洋美人『一歩』直汲み生"を飲む。
 食後、津村記久子『ディス・イズ・ザ・デイ』の9話を夫が朗読する。主人公の若い青年と、疎遠だった祖母の話。少し涙する。やはり良い。母から電話がかかってきて、メールの調子が悪いから時間があるときパソコンを見にきてほしいと依頼される。
 苺を食べながら、キーワード"三谷幸喜"自動録画でとれていた『KinKi Kidsのブンブブーン』という番組と『古畑任三郎市川染五郎回を見る。KinKi Kidsの番組で、三谷さんはレゴブロックを組み立てていた。作業が進むほどにKinKi Kidsのふたりに疎まれていた。