読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆腐の豚肉あんかけ

日記 夕飯
  • 豆腐ステーキの豚肉あんかけ(しいたけ、ねぎ、アスパラガス、生姜)
  • タコと千切りじゃがいも炒め
  • ひよこ豆のサラダ(ハム、きゅうり、トマト、しょうゆマスタード)
  • 水菜とあぶらげ煮びたし
  • ビール(秋味)

 朝、出がけに家主が、今夜も遅い、今週は夕飯お任せするかも、みたいなことを言ってた気がして、昼休みにレシピアプリを起動して献立を考えた。いそいそと帰宅し、それぞれを作る。
 すると20時半頃に家主が、スーパーの袋を持って帰宅し、台所に立っているわたしと料理を見て驚いていた。わたしが退勤連絡をしなかったため、まだ帰っていないと思ったらしく、仕事を切り上げて夕飯をつくるために帰ってきたのだそうだ。完全にわたしが悪いし、すごく申し訳ないのだが、でもこっちも夕飯つくるために仕事残して帰ってきたことを勝手に思い、「けさ『今週は夕飯お任せする』って言ってたよね?」と若干むくれて言う。別に家主は何も咎めていないのに。わたしが作っている3品の材料を見て、家主はササッと煮びたしを作った。
 料理中に20:53を迎え、民放5局で同時に流れるソフトバンクの新CMの限定ロングバージョンを、家主がテレビのリモコンを4,5,6,7,8とあちこちザッピングして見せてくれた。菜箸を持ったまま見る。又吉さんはフジテレビに1人で、これまた1人の海老蔵と交互に出ていた。他のチャンネルではキョンキョンや堺さんや広瀬すずがバーみたいなところに集まっていたり、小日向さんが国会みたいなところにいたりしたのを見た。しかしソフトバンクトヨタサントリーBOSS、おそらく製作陣が一緒なのだろうけど、毎度やることが同じですごいなと思う。こんなに豪華でお金がかかってることもわかるのに、いつも既視感しかなくて「えっ」となぜかこっちが動揺する。そんなのは大きなお世話で、先方は新しさなんか別に目指してないのかもな。でもエントリーされた漫画キャラにおぼっちゃまくんがいたのは、へえ、と思った。
 夕飯は『おそ松さん』を見ながら。評判にきくパロディやナンセンス満載で見事。放送開始時は「夕方に再放送やればいいのに」と思っていたが、清々しいほど深夜番組のくだらなさで大変良い。
 食後、録画『オイコノミア』蛭子能収さんゲスト回を見る。蛭子さんはいつものようにくつろぎすぎるほどくつろいでいたが、興が乗ったのかとてもよくしゃべり、またその話がどれも番組の流れに的確に添い、主題から離れないのに非常に面白かった。蛭子さん、十二分に仕事してたね、と見終えて家主と言い合った。面倒くさがりでがめつい、ポンコツなイメージがキャラとしてあるけれども、「結婚すると楽しいことが多い」とあっけらかんと言ったり、「若い頃は自分が天才かと思えるぐらい漫画に描きたいことがいっぱいあった」と言ったりするあたり、蛭子さん自身は、蛭子さんを面白がる人々が思うよりもきっとずっとシンプルに幸せに生きているんだろうなあと思った。