読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯛の塩焼き

日記 夕飯
  • 鯛の塩焼き
  • ししとう、しいたけのグリル
  • あさりのお吸い物(水菜、エリンギ、昆布、生姜)
  • 中華風ハムときゅうりの水菜サラダ
  • ビール(秋味)
  • 洋梨

 肉厚な鯛の切り身。塩焼きでうまいぐらいだからいい鯛だったんだろう。白い身にのった脂が虹色に光る。骨からするりとおおぶりの身がとれるので、そのまま口に入れると、鯛だけで頬がふくらむほどいっぱいになった。「ほおばる」って「頬張る」か、と鯛で気づく。なんの日でもないのにあさりもあるし、竜宮城だ。アニメ『ルパン三世』を見る。途中で立ったり座ったりしていたのでよくわからないが特に泥棒的なシーンもなく道徳的な話だった。続いて『おそ松さん』も見たいというとサッカーが始まるからダメと言われふてくされて本を読む。
 22時過ぎ、コーヒーが入り、家主がお茶請けにロッテのチョコパイを出してきたので、腹一杯の深夜にそんな危険を冒さなくても、と思い「そろそろ洋梨を食べないと」と提案する。お茶請けなしという選択肢はない。2週間前、山形にいる両親から地元の野菜と果物が送られてきて、そのなかに大きな洋梨があったのだがまだ青くて機を見ていたのだった。むいてもらった洋梨は白く美しく、堅さも甘さもちょうど良く、あんなに大きかったのに一瞬でなくなった。先に寝て、夜中に目が覚めると家主は仕事をしていた。