読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初詣

日記 おみくじ

参拝時の願いごとは、例年よりちょっと具体的に思ってみた。対象とか期限とか。そのほうが神様もお力添えしやすいと思って。
おみくじ。

【運勢 末吉】
今までの苦しみ煩いもいつか消え心楽しいときが遠からず来ます 唯御助(ただおたすけ)を祈って心平かに授けられた自己の職務を熱心につくしなさい

  • 願望:すこし時がかかるが叶う
  • 待人:来れどおそい
  • 失物:出る 高い処
  • 旅行:いそがぬ方がよい
  • 商売:買入る方吉
  • 学問:時期はいま全力を尽せ
  • 相場:見込あり 買え
  • 争事:初(はじめ)は負(まけ)ます
  • 恋愛:ためらわず告白せよ
  • 転居:ゆっくりして吉
  • 出産:安し
  • 病気:心を穏やかにすれば治る
  • 縁談:人にたのんで進めよ 上々吉

【神の教】
ふいて除(の)けましょう、心の誇り、それがさび付きや身の破滅
私を誰よりも偉い、かしこい、私一人が正しいのだ。などと誇る気持ちになった時、他人を見下す、さげすむ。やがて他人から毛嫌いされ、爪はじきされ、世の中が狭くなる。身が破滅する。祓い給え、清め給え、専念この神語を唱えて祓いましょう。心の驕りを、身の埃りを。

例年はこの「神の教」ってところは書き留めてなかったんですが、今年はこの文章が図星すぎて平伏しながら書き起しました。いや、本当にまったくそのとおりです。ちょっとね、昨年秋ごろ、それまで長らくドーンと自信喪失してたことから一気に解放されて、その反動もあって「やっぱりわたし運いいわ。恵まれてるわ。自分の判断は正しかったわ」と調子に乗ってましたね完全に。うまくいかないことやヒトを「向き不向きがあるよね……」「相性がね」と切り離して、その清々しさのまま年が暮れていったので、2014年もこのセンでいくっきゃないと意気揚々としていたところに神からズガーンとタライ落とされました。さっすが神様!
というのもわたし、おとといの朝(=元旦)、母親とケンカして実家出てきて、以後本日までひとり自宅で過ごしてるんですよね……。しかもケンカの理由がテレビっていう。母(69歳)が元日の朝食時に、年末年始のテレビ番組がどれもくだらないつまらない昨夜の紅白も録画で今朝いっぺんに見たが美輪明宏以外は見るところなかったそういえば(母の姉の)○○子ちゃんと(義姉の)△△子さんがお歳暮のやりとりで色々あって云々、と、元気にべらべら何度も同じことをしゃべっていたので、というか大晦日からずっと同じことを言っていたのでわたしがつい「そんな……こっちが見てない番組をつまらないって延々言われても」「あんまりネガティブなこと言ってるとボケたのかなって心配になるからやめて」と思春期みたいなことを!言ってしまい! そしたら母がカーッとなって「あんた真面目すぎるんだよ、話題として言っただけでしょ。それにわたしだっていつも黙ってるけどあんたの話がまんしてるときあるからね!なんなのよあまちゃんあまちゃんって、何が面白いのよ!いつテレビつけてもあまちゃんやってて、紅白もあまちゃんで、年明けてもまだあの音楽が流れてくるし、いいかげんにしなよ!」と後半はあまちゃん人気に対する不満をぶつけてくる始末。
わたしそんなに親の前であまちゃんの話してただろうか……親の前ではテレビの話は極力しないように心がけてたはずなのに無意識に……?それも何度も……。しかしとにかくこれは親と一緒にいすぎた証拠だ(大晦日から数えて連続滞在12時間ほど)、と思えてきて、「そう。真面目すぎるって、よく言われるんだよね」と傷ついているような返事をし、そのまま黙って朝ごはんを終え、食器を洗い、すうっと実家を出てきました。そんで徒歩1分の自宅へ戻りケータイの電源を切るという。
おかげで正月飯は元旦だけで、以降は食べたいときに食べたいものを自分で作って食べて過ごすことができました。まあ1日の夜から実家には姉たちが子ども連れて泊まりにくる予定だったので、にぎやかさも間に合ってたでしょうし、極近に住んでる独身の末娘だからできた甘えですね。
えーとなんだっけ。そう、元旦からこんなことになったのも、少なからず己に驕りがあったからだなあと。象徴的な出来事でした。むしろ起こって良かったケンカ。家族だしね。とはいえ自尊心は大事だと思いますけどね(あんまり反省してない)。
新年早々語らせてくれるおみくじにお得感を覚えています。神様。
運勢。願望も待人も時間がかかるようですが結果叶ったり結んだりするのなら急ぎません。なんかね、今まだ清々しさの余韻に浸ってるからかあんまり焦ってない。といいながら恋愛「ためらわず告白せよ」なんですね。了解、了解。
あと「神様とかいってマジで神」と笑ったのが失物「出る 高い処」。身長174.5cmのわたしは、来客などで慌てて部屋を片付けるとき、物を棚の上とかロフトの上とかに暫定のつもりで置いたまま忘れてしまいがちなんだなあ、と年末の大掃除のときに感じたばかりでした。
1982年生まれのわたしは今年が本厄なので、むしろ抑えめの末吉が出て安心しています。なにはともあれ健康には気をつけて、やるべきことはやって、あとはほどほどに……いいや昨年おとなしくしてたぶんまで取り戻すように、いっぱいいっぱい遊びます!私がなんか調子に乗ってるっぽかったら「ひろこさん、アゲアゲすぎてるよーっ」ってやんわりご指摘ください。今年もよろしくお願いします!

昨年のおみくじを振り返る

http://d.hatena.ne.jp/hiloco/20130109#p1
たしかに思いがけぬ人の助けあったなあ。もうすぐ32歳になるというのに、いまだに自分は人の力になれないまま助けてもらってばかりですね。
それから誠意ね。尽くしたけどね。相性がね。思いがけぬよき事もあった気がしますが騒いでしまったせいで結果なにも残っていません。今年は慎み深く過ごしまーす!