読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長嶋有さん

あとはやっぱり長嶋有さんだな、私の2011年は。
今年の手帳にね、2011年のテーマとするキーワードを4つ書いていたんだけど、その1番めに書いたのが「長嶋有」だったんだよね。長嶋有がなんなのか、話をしてみたいのか、本をもっと読みたいのか、関わって何かしたいのかは書いてないんだけど、なんかこう、好きすぎて一年の計にただただ名前書いちゃったんだろうなあ。
そんなふうに漠然とまっしぐらに大好きだった作家さんが、ネット上で言葉遊びを始めて、それを通じてご本人ともやりとりできたのは嬉しかったし、他の読者のみなさんともたくさん仲良くなれた。今年の後半はほとんどその読者仲間のみなさんと遊んでもらってばかりだったなあ。12/24なんて、ある読者夫婦のお宅にお邪魔して、読者大学生の子と一緒に読者クリスマスを過ごしたからね。その節はどうもありがとうございます。
私にとっての長嶋有さんの読者友だち第一号は、Kさんという、西に住むかわいいかわいい1コ下の女の子。2010年秋の電書フリマで出会いました。彼女の、おとなしそうな見た目に反する行動力(西の県から新宿まで日帰りで長嶋さんに会いにきてた)に私はすっかり惚れこんでしまい、もっと彼女に会いたい、長嶋さんがイベントにたくさん出てくれればまた彼女は東京に来てくれるんじゃないかと子どもみたいに願ったりしたものです。
そしたら長嶋さん、マジでイベントにたくさん出てくださるから追うほうも大変でさ...。特に今年の1/29深夜『ファミ詣』→1/30昼『ゲームムービーフェスティバル』とか、アイドルのおっかけやってるのかなって思うぐらい体力使ったもんね...。って話を、その1/30のイベントに来てたKさんにしたら、Kさんが「私にとって長嶋さんはアイドルです!」って姿勢ただして言うからますますKさんのこと好きになっちゃって、私。
とにかくそんなふうに、「長嶋有」を通じて出会う人たちがみんな素敵で、おしゃべりするにも遊ぶにもいきなりボルテージがすこーんと上がるのがとにかく素晴らしかった。その「すこーん」でたいへん楽しい思いをたくさんしたという話はまたいつかしますね(するかな)?
2012年もね、長嶋さんのご活躍を楽しみにしておりますよ。
(あっ、年が明けちゃってる...!ハズカスー)